floricultura.cocolog-wbs.com > my garden

庭の風景2008

チェリーセージ/いちごみるく

チェリーセージ/いちごみるく

もうチョットたくさん咲いてるといいんですけど・・・


コバノランタナ

コバノランタナ

つぼみが四角なんですね~!


秋明菊・八重

秋明菊・八重

八重咲きの白花です。


チェッカーベリー

チェッカーベリー

花はスズランのカタチで、実はチョコボールくらいです。


フジバカマ

フジバカマ

切花で楽しめます。写真はつぼみです。


エキナセア2

エキナセア2

お気に入りのショットで、PCの背景にしてます。


フェンネル

フェンネル

花火みたいです。

別名:スィート・フェンネル/セリ科ウイキョウ属/地中海沿岸原産


初雪かずら

初雪かずら

新芽が赤く染まりました。
壁を這っています。


オレガノ

オレガノ

チョット植えたらものすごいいきおいで繁殖しまして、同じところのミントが負けそうです。

別名:ハナハッカ/シソ科/地中海沿岸原産


エキナセア

エキナセア

サプリメントでおなじみのハーブです。
花びらが次第に反り返っていくのがオモシロいです。
白花種を探しています。


ウズアジサイ・水色

ウズアジサイ・水色

かわいい~!


あじさい

あじさい

色が変わったとこです。


ベロペロネ

ベロペロネ

珍しい、グリーン種です。
なかなか大きくなってくれません・・・。


スモーク・ツリー

スモーク・ツリー

別名:煙の木です。
桃色の部分が花にあたります。
花屋さんでも切花で入荷しますが、水が下がりやすく、葉水をこまめにかけなければいけないので、チョっト面倒です。
でも、花束に使うと、とても素敵なんですよ~。

別名:ケムリノキ/ウルシ科/南ヨーロッパ~中国原産


ホスタ

ホスタ

年々大株になってきました。
ギボウシ、または、ホスタと呼ばれます。
花も咲きますが、魅力は美しい葉にあります。
鉢で購入すると、安くても2000円はしますが、見るとどうしても欲しくなります。
今年は、白の多い斑入りを購入しようかと計画中です!

別名:ギボウシ/ユリ科/日本、中国原産


さわやかな水色

さわやかな水色

満開になると、濃いブルーになります。
でも、このアジサイの見ごろは、この時期です。


ハコネウツギ

ハコネウツギ

ウツギが大好きで、何種類か植えてます。
ただ、庭木に向かないのは、樹形がメチャクチャ悪いのと、虫がすっごく付くところ・・・です。


H.F.ヤング

H.F.ヤング

クレマチスの定番です。

別名:テッセン/キンポウゲ科/北半球温帯、日本など


ニオベ

ニオベ

クレマチスの“ニオベ”といいます。
花びらがビロードのようにやわらかく、色も濃くて落ち着いた感じです。


ライス・フラワー

ライス・フラワー

写真はつぼみですが、この花のカタチがお米に似ていることから、ライスフラワーと呼ばれます。
花屋さんでも見かけますが、水上がりが悪いのが難点です。
ドライフラワーになりますが、ワタシは庭の花を切るのがもったいないので、花が終わるまでそのまま楽しみます。

キク科/オーストラリア原産


ローダンセマム

ローダンセマム

ローダンセマムは北アフリカ原産のキク科の植物です。
寒冷地原産にしては、夏越しも2度して元気です。


アジュガ

アジュガ

アジュガです。
グランドカバーとして使っています。
横に覆うように広がってくれるので、雑草をおさえてくれます。
春には紫の花がたくさん咲いて、ミツバチがたくさん集まってきます。
葉色もいろいろありますが、ここでは赤葉とグリーンがあります。

アジュガ(十二一重じゅうにひとえ)/シソ科/アメリカ原産


ハーブの庭

ハーブの庭

手前から、ブルーベリーの実、ラムズイヤー、アジュガ、フェンネル、ニューサイランです。
まだ花が咲いていませんが、エリゲロンもここにあります。


夏の庭

夏の庭

カラーリーフが大好きで、見かけるとつい買ってしまいます。
奥からニューサイラン、タゲテス、斑入りのアベリアなどです。


深山

深山

アジサイの“深山”という品種です。
梅雨時期ではなく、真夏に咲く変わったアジサイです。
はじめは白で、最後には真っ青に変わります。
花びらに特徴があります。全長は150cmくらいあります。


アジサイ

アジサイ

引っ越してくる以前から、裏庭で咲いてるようです。
ほとんど真っ白で、ところどころ色が変わる、典型的なアジサイです。
意外と貴重なのかもしれません。

ユキノシタ科/南北アメリカ、東アジア、日本など


ウズ・アジサイ

ウズ・アジサイ

おたふくあじさいと呼ばれることもあります。
ツブツブに咲いてオモシロいです。
ブルーも大きく育ってます。


ハート・カズラ

ハート・カズラ

多肉の観葉も好きで集めてます。
カタチがスタイリッシュなものが好みです。

ハートカズラ/ガガイモ科/南アフリカ原産

参考文献/観葉植物事典 池田書店


サントリナ

サントリナ

ハーブのサントリナの花です。
葉の美しさが見所ですが、花もとてもチャーミングです。
下は、アジュガの“チョコレートティップ”です。

サントリナ/キク科/地中海原産


紅 (くれない)

紅 (くれない)

山アジサイの“紅”です。
葉の感じが、山アジサイ独特の侘びがあります。
紅がくアジサイとは違って、花の赤が濃いビロードのようです。
長野県伊那で発見されたそうです。

参考文献/ガーデニング基本大百科 集英社


カシワバ・アジサイ

カシワバ・アジサイ

カシワバは、とても丈夫で、かなり大きくなります。
葉の紅葉も味わいがあります。

ハイドランジア/北アメリカ原産


フォース・オブ・ジュライ

フォース・オブ・ジュライ

こういう絞り系には惹かれます。
つるバラなんですが、棘が多くて、誘引が大変です。
ほとんど、フェンスの向こうに押し込むだけの、テキトウ誘引してます。(^^;)


バラ・ホワイトクリスマス

バラ・ホワイトクリスマス

大輪の花を咲かせる、香りが自慢の木立バラです。
移植してからあまりよくなくて、この年から衰退の一途をたどっています。
この冬は、もう一度植え替えて、また、よみがえらせたいと思っています。


クレマチス

クレマチス

こちらは、“ダッチェス・オブ・エジンバラ”といいます。
はじめはグリーン、次第に純白に変わっていく珍しい品種です。


レウシャ

レウシャ

高山植物のレウシャです。夏に弱りますが、大事にすればきれいな花がみられます。


クリスマス・ローズ3

クリスマス・ローズ3

クリスマス・ローズの育種の様子です。鉢物は、夏の間は木陰に集めます。


クリスマス・ローズ2

クリスマス・ローズ2

クリスマス・ローズは丈夫なので、種類が増えるいっぽうです。


クリスマス・ローズ3

クリスマス・ローズ3

増える一方。


春のコンテナ

春のコンテナ

この年は、素焼きのコンテナにヘリクリサム、ビオラ、デイジーを植えました。
アリッサムが植えてあったコンテナです。


思い出の庭

思い出の庭

この翌年に庭を改装しました。
引っ越してきてからコツコツ作っていった、思い入れのある庭でした。


メランポ・ジューム

メランポ・ジューム

メランポ・ジュームは夏に咲く花です。
真夏の暑さに負けずに元気に咲いてくれます。

メランポ・ジューム/キク科/メキシコ原産


ルリマツリ

ルリマツリ

別名:プルンパーゴ/イソマツ科/南アフリカ原産
夏に元気に伸びて、水色のさわやかな花を咲かせます。
冬には枯れますが、翌夏にはまた、育ってきます。


ブルーベリーの実

ブルーベリーの実

かわいい紫色の実がつきました。チョットだけ。
ツツジ科/北半球原産/落葉低木


ホテイアオイ

ホテイアオイ

水草のホテイアオイです。
別名:ウォーター・ヒヤシンス/ミズアオイ科/南米原産
けっこうケバいので、あまり好きではありませんが・・・^^;


ウズアジサイ・ピンク

ウズアジサイ・ピンク

買ったばかりのウズアジサイです。
かわいいベビー・ピンクです。


アジサイ・白富士

アジサイ・白富士

日本の野生種の変種。
富士山周辺の品種で、八重咲きです。
花びらがだんだんミドリがかっていくところがステキです。


クリスマス・ローズ

クリスマス・ローズ

クリスマスローズと五色セリです。
クリスマスローズは10種類くらいあるでしょうか・・・。

クリスマス・ローズ(ヘレボラス、ニゲラ)/キンポウゲ科/地中海、アジア原産


アリッサム

アリッサム

直径50cmくらいの素焼きの平コンテナに、アリッサムを敷きつめた写真です。
冬の寒さにもわりと強いので、毎年、どこかには使っています。

スィート・アリッサム/アブラナ科/ヨーロッパ原産