« まだまだはまりちう | トップページ | GW消化ちう »

飼い猫のこと

飼っている猫2匹のうちのメスのほうが、ここ数日で「全盲状態」だって気がついた。

たぶん、・・・5日くらい前からかな・・・。

最近、急激におとなしくなって、歩きかたはよぼよぼ・・・

なんかおかしいと思ってたけど、もうけっこうな年寄りだから、いよいよ来たかと。

それでも、これまでもそう思わせておいて、なんでもなく正常に戻るを繰り返してたから、今度もそうだといいなと思ってたけど、まさか・・・目が見えなくなってるとは。

もともと野良猫で、最初から片方の目がない。

なにかしらのアクシデントで片方の眼球を失っていて・・・

見つけた人が「これじゃ野生じゃ生きられないだろうから育ててくれないか」といわれて、引き継いだ猫だった。

そんな風貌だったから「すぐ死んじゃうだろう」と思ってたけど、飼い始めてみるとものすごく元気で・・・

どの猫よりも高いところへジャンプするし、よく鳴くし、よく食うし、長生きで・・・

我が家に来た年を1歳と推定して、今年でたぶん16歳だ。

あとから来た猫たちよりも、長く生きていて、そして元気だった。

いまでも精神は元気そうだけど・・・

まず、見えないせいで、高いところへあがれなくなった。

いつも高いところでくつろいでたけどいまは床でたたずんでいる。

エサと水は匂いでわかるようだけど、なんでもない段差につまずいたり、ふり返ったときに台に顔がつかえたり、壁まで歩いて行って「あ、かべ?」ってちょっとぶつかるとか。

猫じゃぜったいない動作。

本人、戸惑ってるだろうなあ・・・。

真っ暗なんだろうか?ぼんやりなんだろうか?明るさくらいはわかるんだろうか?

瞳孔が完全に開ききっていて、反応しなくなっているのだ。

でもちゃんとトイレにいけてるので、生活はできている。

こんなこと書くと「どうぶつ病院に連れていかないの?」って言われそうだけど・・・

いままで7匹育ててきてわかるけど、動物病院って、かならずしも治せるものじゃないんだよねえ。

たいていの症状は「原因がわからない」っていわれて、さんざんいじくりまわして、結局ダメだったが多い。

ある猫のときは、病院に連れて行って「ちょっと預かりましょう」っていって・・・

いったん家に帰ってきたら、その数時間後に電話がきて「死んでしまった」って・・・

うわー・・・こんな早いんなら連れてくんじゃなかったよって。

こんなんじゃ、猫からしたらただ怖い思いをしただけで、知らない所の冷たいところでわけもわからず死んじゃうわけで・・・

猫の気持ちはわからないけど、かわいそうな目にあわせちゃったよー!って、はげしく後悔した。

助かることもあるけど、動物病院って健康な猫でも猛烈に嫌がるからねえ。

あのぷるぷる震えるやつを、人生の最後に味あわせたくないって思いがあるよ。

そんな感じで・・・

このところ毎日、ただただ見守ってやってる感じ。

ごはんはたべてるからねえ。

なんとか穏やかに過ごしてほしいと願うばかり。

特技の「ドライフードを1粒づつ、手でお皿から取り出して、1粒づつ食べる」っていうのはできなくなった。

あと、ワタシの顔をみて「うわーーーーん!」っていってくれなくなったのが悲しい。

目と目があわなくなったってことが、思ってもみない悲しさだ。

まあ、匂いでわかってくれてそうだからいいけど。

悲しい話でごめんなさいね。

|

« まだまだはまりちう | トップページ | GW消化ちう »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/61523195

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い猫のこと:

« まだまだはまりちう | トップページ | GW消化ちう »