« しかも売れ残るとか?? | トップページ | ハイ飴ちゃんもここまでくると »

なにをやってるか?の、説明。

Img_2929お教室準備もだいぶ整ってきました。dash

いよいよ仕上げの「開花」作業をしています。tulip

さかのぼって話をしますと・・・

プリザーブド・フラワーというのは・・・

生花を「プリザーブド液」という特殊な保存液で加工したもので・・・pouch

「もともとは生花なんだけど、何年も長持ちする」っていう、すっごーい加工技術なのです。crown

プリザーブドの花は、さわってみると、花びらとかやわらかくて、みずみずしい感じも残ってるんで、ドライフラワーや造花なんかとはあきらかに違う風合いなのです。shine

プリザーブドの作りかたとしては・・・

バラならバラをプリザーブド液にチャプンとつけると、透き通った透明なバラができます。pouch

そこに、今度は色のついた液体にチャプンとつけると、真っ赤とかオレンジとか、着色されたバラになるのです。cute

なので、本当はそんな色のバラはないんだけど、真っ青とか真っ黒とか抹茶色とか・・・

あらゆる色がつけられるわけです。art

今ではバラ以外にもカーネーションとかアジサイとかランとか・・・葉っぱもいろんな種類がいっぱーい作られています。present

プリザーブドをこの加工の段階からやるお教室もあるんだけど・・・

液がとても高価なことや、技術的にとても難しいので、美しく仕上げられなかったりするんで・・・sweat02

一般的には、専門の業者が加工した完成品を材料として買うほうが多いです。

Img_2936←もう染め上がってるバラです。

そのままだと、花びらがきゅ!っと締まっているので・・・

グルー(ホットボンド)を使って、花びらを外側を広げる作業をします。paper

このメーカーのバラには「ガク」が残っているので・・・

このガクにグルーで花びらを接着させることで。花びらが外側に開く仕組み。wink

これ、どの本にも載ってないやりかたです。sweat01

本に載ってるのは・・・「花びらを全部バラバラにして、1枚ずつ再構築する」とか・・・typhoon

あとは「茎からカッターで切断して、グルーの山にのせて花びらを広げる」とか・・・wave

どのやり方もワタシは上手くいかなかったんで、自分でラクな方法をあみだしちゃいました。coldsweats01

(桃ちゃんはできるんだけどねえ・・・sweat02

Img_2935でも、この「グレ方式」でも、ちゃんときれいに開きますのよ。shine

ゴージャス感が出るでしょう?

ボリューミーなほうが、ウケがいいので、めんどうだけどバラは全部こうしています。catface

バラは全部で、大中小、合わせて・・・56輪!!!dash

まあ、こういう単純作業は嫌いじゃないんで、気分的には楽しいんだけど・・・note

腰と手首が若干、・・・あはは。hospital

|

« しかも売れ残るとか?? | トップページ | ハイ飴ちゃんもここまでくると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/58766296

この記事へのトラックバック一覧です: なにをやってるか?の、説明。:

« しかも売れ残るとか?? | トップページ | ハイ飴ちゃんもここまでくると »