« からだはドラミ | トップページ | やや塩オーバー »

神の手の

Img_6172永世名人の手揉み茶をいただきました。

(おそれおおいですすみませんワタシのようなものにいやはやきょうしゅく)

でも、この日の手揉みは、素人がちょっと手を出してるから、お団子の葉などが見受けられます。

よい煎茶は、最初はぬるま湯くらいで・・・

二煎目、三煎目と、次第に温度を上げていくと・・・

うまみ→甘み→さわやかな渋み→・・・順番に味が変わっていきます。

最後は熱い湯で・・・いいお茶は5、6煎までイケるのですよ。

もう、お腹がぶがぶ・・・そんなにゃ飲めないってね・・・いや、8煎までいけるけど。

淹れ方が名人じゃないんで、もっと勉強しなくちゃ申し訳ないっす。

|

« からだはドラミ | トップページ | やや塩オーバー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神の手の:

« からだはドラミ | トップページ | やや塩オーバー »