« 蒔くかどうかはわからない | トップページ | 苦手だわあ »

カールなみのサクサク

Img_5743「トピアリー台」×8名分が、できました~。

それはそれは時間と手間のかかる作業でした。

まず、白樺の枝を糸ノコで切って、先端を鉛筆削りの要領で削り、セック球(ボール)に突き刺し、次に、オアシス(スポンジ)をセットした器に突き立てて・・・

光線の加減で、ちょっと傾いて見えますが・・・

ちゃんとまっすぐに作れてますから。

あとは、球を粉砕するおばさまなど出ないことを祈るのみです。

|

« 蒔くかどうかはわからない | トップページ | 苦手だわあ »

コメント

器用なものですね、見直しましたわい。

さりげなく撮ってますが、お手製で同じもの8個作るって難しいですよね、
拡大して良く見ましたが良くできますぜ。

僕なら途中で嫌になってきますよ(* ̄m ̄)ププッ

これを針山のように刺していく訳ですね。

投稿: にゃん太郎 | 2012/09/14 01:08

 にゃん太郎さんへ

あらにゃん様、お久しぶりでございます。
ごぶさたしててスミマセン。
お写真は、いつも拝見しております。

「針山」、おほめいただきありがとうございます。

これ、実際は言うより大変だったのですが・・・
通常「鉛筆削り」にはカッターを使ってるのですが、カッターが歯が立たなかったので(小刀は持ってなくて)剪定ばさみの刃で削ったのです。
「お教室」という優雅さはカケラもない行為でした。

投稿: c.j.greg | 2012/09/14 09:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カールなみのサクサク:

« 蒔くかどうかはわからない | トップページ | 苦手だわあ »