« おとなみずぼうそう | トップページ | ぼくのワイフはたらりらりん・・・ »

やさしさ総合病院にて

朝8時にタクシーで出て、12時に帰宅しました。
「以前は15年前でしたねー?」なんて、受付のおねえさんからふんわりやさしい…市立病院に。
熱は高いし感染症なんで、外来の「隔離コーナー」に案内されました。(VIP)
はじめは内科で診察してくれたけど、内科のおっさんは「…あとは皮膚科がなんとかするだろう?でも、みずぼうそうなら…小児科だよなあ〜?げらげら」とか。(いちおう笑ってあげた)
で、「あちこち歩くと大変だから…」って、ふたたびVIPルームで待つと…「そうとう待つかも?」って言ってたのに、なんと2階の皮膚科のドクターが、しかも2人で飛んで来られました。(デコはイメージです)
診察しながら「これが特徴なんだよー」とか「検査するけどほぼ間違いないから」とか…ようするに「大人みずぼうそうはめったにないぞー!ラッキーだなあー。」ってノリ?
いやあ…若いドクターになにかしら与えられて、みずぼうそうもやるじゃん?って気分でした。(身体中ハタハタの煮付けみたいだけど…)
その後の血液検査とかも至れり尽くせりで、看護師さんが声かけてくれるし、励まされました。
「この病院で死ぬんならいいや!」って思えるなあ。(あ、嘘ですマジで)
あと、処方箋薬局でタクシー呼んでもらったら、朝の運転手さんと同じだったし!…VIPな半日でした。(半日で1万7千円遣ったし)
これから「みずぼうそう追い出し薬」を飲んでまた寝ます。
…疲れたー。

|

« おとなみずぼうそう | トップページ | ぼくのワイフはたらりらりん・・・ »

コメント

まさにVIP待遇でしたね~。
そして、おとな水疱瘡の研究と若い皮膚科の医師に貴重な経験させることが出来て~。
はやく元気になって下さいませ。

投稿: こば | 2012/05/09 18:37

こばさんへ

ありがとうございますー。
じつは、最後に皮膚科の診察室で待つことになって…
壁ごしに「この薬は体重あたり何ミリで」とか「副作用の説明を…」などの「ご指導」が聞けて、ひじょうに気が紛れました。(v_v)
いま死んだらケン体になります!(え?いらない?)

投稿: c.j.グレッグ | 2012/05/09 19:32

hospitalおつかれさまっしたsign04dash

検体ってsweat01sweat01
グルさんの肉体なら私が…(爆


お薬のんでゆっくり養生しとくれやす(*^_^*)

あっお茶のいいかおりbud(うらんと茶畑散歩ちゆ)

投稿: もも(。・ω・。) | 2012/05/09 21:09

ももとうらんへ

いいなあー茶畑散歩。

これってさあ…
仕事辞めた罰…かねえ?( ̄▽ ̄;)

わかった!
次の仕事を辞めるときは、桃に相談する。(え?いらない?あそ…)

投稿: c.j.グレッグ | 2012/05/10 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/54670228

この記事へのトラックバック一覧です: やさしさ総合病院にて:

« おとなみずぼうそう | トップページ | ぼくのワイフはたらりらりん・・・ »