« 三日月のカタチ | トップページ | 鮭のムニエル焼き野菜とともに »

考:同僚

昨日・・・同僚の一人としゃべっていて、彼女をげらげら笑わせていたら、ふいに彼女が言うのです・・・

「グレさんって、おもしろい人なのねー?オモシロ系、だったのね~?けらけら・・・」と。

彼女とつきあって3年・・・3年目にしてやっと、やっと・・・ワタシをわかってもらえたのでしょうか?

(うがった言いかたをしますと、さんまさんの気分でした・・・)

しかし、ワタシもこう思ったのです・・・

『この人って、マジで天然なんだ!?』と・・・

つきあって3年目・・・彼女が「ド・天然」だと知ったのです。

・・・彼女ばかりを責められませんね。

                             hairsalon

・・・同僚って、大事なポジションだと思いましたよ。

そのとき話してたのは、以前、ワタシともめて辞めていった元同僚のことなんだけど・・・

その時期のことをどう思うかきかれたんだけど・・・

マジで本当に本心からそう思ってるんだけど、「あの付き合いは非常に学ぶものがあった」と。

・・・友だちにはゼッタイならないタイプでしたよ・・・

好みも、考えかたも、行動も、生い立ちも、体つきもまったく真逆で・・・

高校の同じクラスにいたとしても、教室の対角線上にいるような人でしたよ。

向こうからみてもそうだったはずで、「グレちゃんみたいな子をいじめてたわ!」ってよく言ってたと思う。

だから、フツーに生活してたら、友だちになんかならないし、お互いを避けて、けっして交わることなんかないはずでした。

でも、「同僚」になると、どんなタイプだろうが「つきあわなきゃならない」・・・。

この「しかたなくつきあう」ということが意外と大切なんだと、最近、思うようになりました。

「しかたなく」というとイヤイヤっぽいけど、これは、じつは親や姉妹と同じなんですよね~?

自分では選んだわけではないけど、生まれたときから決まってたから・・・まあ・・・一緒に生活する・・・みたいな。

同僚だって、社長が「ホイ!」と選んだ人で、自分が選んだわけではない。

だから、自分の大嫌いor超苦手なタイプとぶちあたることもあるけど、まあ、我慢してつきあうことになる。

でも、その苦手なものに向き合ってるうちに、それが平気になるか、受け入れるか、イヤでも苦手でもなくなるか、むしろ自分にはないものに気づいて、それを魅力と思うようになるか・・・

そういうことに気づかせてくれる存在=それが同僚・・・なんだと。

親や姉妹と違って、職場&仕事がらみのつきあいだから、余計な摩擦や軋轢もあるし、目的意識に決定的な違いがある場合は、どうやってもうまくはいかないんだけど。

昔は・・・「同僚なんてただの同僚で、それ以上でもそれ以下でもない」と思ってたけど、「これは思ってもみない「価値」が潜んでたな・・・」と、気づきました。

みんなは気づいてるのかもね?しくしく・・・

                              hairsalon

ワタシがまだ、店のお客さんだった頃・・・その頃に入社した女の子が辞めることになって、ちょっとした「送りだし会」をセッティングしました。

ワタシは、人を集めたり、大勢でガヤガヤ・・・するのは好きじゃない派だし、幹事なんかも絶対しない「呼ばれれば行く派」・・・だったけど。

今回は、なんかちょっと集まりたいかな?と思いました。

だって、10数年も同じ会社にいて、「じゃあね!バイバイ!!」のメールだけじゃ~あまりにも・・・寒いかな?と。

それに、ワタシを「おもしろい人ねー」と言った彼女も、近いうちに店を離れることがわかっているので、この彼女のためにもみんなを集めてあげようかな?という気になりました。

最近は、彼女が店を離れてもずっと付き合っていうだろうな・・・?という、なにか「縁」のようなものも感じるようになってきてることもあります。

そうだな・・・「同僚」って、「縁」なんだな?

「送りだし会」に、呼びかけたみんなが応じてくれたのがなにより嬉しいです。

断られたら、ちょっと悲しかったかも?

まあ、送りだす子の魅力なんだろうけど・・・

二つ返事で集まってくれると言ったみんなは、「同僚」というつきあいを、どう思っているのかなあ~?

|

« 三日月のカタチ | トップページ | 鮭のムニエル焼き野菜とともに »

コメント

私自身、「同僚」とはプライベートではあまり久しくしないですね。なんか仕事の延長という感じがして、休みの時ぐらいは息を抜きたいと思ってます。
あと、対角線の人と仕事をしたことがあったのですが、けっこうストレスになり(そのために難聴になりましたが)、2度、会社を休養したことがありました。コミュニケーションを取るのが苦手で・・・。

投稿: こば | 2012/01/31 18:50

train こばさんへ

それは「程度問題」なんですよね。
ワタシだって、対角線上の人がある程度の対角線である場合であって・・・
たとえば「人間、1度くらいは万引きするよね?」なんて人だと、1m以内でつきあうことなどできませんから!coldsweats01

学校とか、花屋とか・・・あるていどのカテゴリーだとあるていどの水準であることが多いので、なんとかなる…そのレベルだとご理解ください。sweat01

投稿: C.J.グレッグ | 2012/01/31 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/53868525

この記事へのトラックバック一覧です: 考:同僚:

« 三日月のカタチ | トップページ | 鮭のムニエル焼き野菜とともに »