« 提供はハウス食品 | トップページ | 見るにたえる唯一の角度 »

野田ブログ的

ちょっと報告が遅くなりましたが、先日、福島の知人の無事が確認できました。これまで、心配でちょっと落ち込み気味のワタシを励ましてくださった皆さま、ありがとうございました。福島の知人とは、おっとの知人で20年以上のおつきあいがあり、ワタシと結婚してからは、家族ぐるみのおつきあいでした。毎年、お中元やお歳暮で、海産物やアワビをくれてたおじさんです。おじさんは福島県の「四倉(よつくら)」というところに住んでいました。四倉には「四倉港」というちいさな漁港があり、おじさんも漁師さんでした。今回の震災で、四倉にも津波がありました。震災直後のTVで、ほんの一瞬だけ四倉港の様子が映ったのですが、漁港の建物に船は突っ込んでるし、家は壊れてるしで。おじさんの家は、漁港から歩いてすぐのところだったし、Google Earthでみても「これは家はダメだな・・・」とすぐにわかりました。その後、おじさんを通じて知り合った別の漁師さんから連絡があり、「津波のあと、いったん学校に避難していた。そこで会ったけど、その後は避難所を出たようだ。」とのことでした。避難所にもいないとわかり、連絡のつきようがないので、Googleのパーソンファインダーにおじさんの情報を求める掲載をしてみました。まもなく、おじさんの親戚だという方から「パーソンファインダーをみた」と連絡があったのですが、その方も行き先がわからず探してるということでした。連絡をくれた知り合いの漁師さんは、津波に流されたそうです。6号を車で走ってたときに津波が来て、腰まで水に浸かったけど、車が浮き上がらずにハンドルがなんとかきいていたので、うまい具合に高台のほうへ逃れられたそうです。その後、「原発が爆発した」という情報が流れて、みんなパニックになって、逃げられる人は一斉に逃げだしたんだそうで。「茨城に子どもがいるって行ってたから、そっちへ行ったんじゃないか?」ってことでしたが、無事なところにいるにしてはいっこうに連絡がないし、カラダをこわしてるんじゃないかとか心配でした。おとといの夜でした。ウチの固定電話に「02」で始まる知らない番号から電話がかかってきたので、『おじさんだ!』と直感しました。おじさんは、茨城のお子さんのところに避難していたそうです。このあいだやっと自宅を見に行って、家は全壊してたけど、なんとか電話帳を探し出して、やっとあちこち電話をかけることができたと言ってました。おじさんはおっとに「四倉に帰りたい。話をする相手がいなくてさびしい。」と言ってたそうです。おじさんももう年ですし、長年、ずっと漁をしてきた「仲間」に会いたいのでしょう。こればっかりは、ワタシ達もどうしてあげることができません・・・ほんとうに残念でなりません。YouTubeの動画で、港の様子がありました。毎年、ワタシたち2人でおじさんのところへ行っていて、きれいな港、おいしいお魚、親切な人たち・・・大好きでした。おじさんももう船には乗っていなくて、港で貝を採ったり、漁協の仕事をしたりして、もうおだやかな老後だったはず。自然災害とはいえ、ほんとうにあんまりな気がして、くやしくて悲しいです。それでも、福島の情報を毎日聞いていると、お店に商品が戻ってきていたり、道路の砂が少しずつ減ってきてるようだし、おじさんもまた四倉に戻れるだろうと思ってます。港にはまだ船が沈んでいると聞いたし、おっととの仕事の関係はしばらく中断になるだろうけど、それでももう仕事上のつきあいはとうに越えてるわけで、これからは連絡を取り合って、できる支援をしていきたいと思っています。そんなわけで、おじさんの無事がわかってホッとしてますととりあえずご報告まで・・・。

このあいだ、夜中にNHKさんで「野田ともうします。」というドラマを連発してて、主人公:野田のはじめたブログがこんな風だったので、ちょっと魅力的?と思ってマネしてみました。メールでこういうのが来ることがありますが、ワタシは読まずに「いらないメール」のフォルダに入れてますので、みなさんも読まずにスルーしてください。ちょっと暗いので。pouch

|

« 提供はハウス食品 | トップページ | 見るにたえる唯一の角度 »

コメント

お知り合いの方が無事で本当に良かったですね!
私も東北・北海道には知人がいますので、
地震発生後はしばらく連絡が取れなかったりして
やきもきしたものです。

野田ブログは知りませんが、「サラリーマンNEO」の
大河内透の恋愛ブログなら知っています。
こっちはかなりイタい内容でしたが(^^;

投稿: 鷹崎 湊 | 2011/04/18 17:55

bottle 鷹崎 湊氏へ

そうでしたかー。
やはり、避難してるほうにしてみたら、自分が無事なことに必死なんだと思いました。
(自分ならそうです。crying

野田のブログは、このあと・・・
「改行すべし」「絵文字を使うべし」「写真を載せるべし」などと助言コメントが入り、最終的には「炎上する」というオチでした。catface
(一度でいいから炎上してみたいグレッグさんです)

投稿: C.J.グレッグ | 2011/04/18 19:32

色々まだまだ”良かったですね”、とは言えない状況なのかもしれませんが、それでも、命があって良かったです。。。
本当にどうしようもない事って、ありますよね。
私も、何かできることありませんが?
今、お菓子やさんになろうと、開店の準備をしています、商品が送れるようになったら、野田さんにもGregさんにも(Gregさんは甘いの苦手でしたっけ・・・)何か心ばかりのホッとなごめるおやつを送りたいです。

投稿: Luna | 2011/04/19 00:04

moon3 Lunaさんへ

ご訪問&コメントを、ありがとうございますー。heart04

お菓子屋さんですか~!?
すごーい!!すごーいい!!happy02

ワタシはたしかに甘いのも作るのも苦手です。sweat01
お菓子屋さんなんてすごいじゃないですかー。
そういうのって、やっぱり保健所とか商工会議所とか書類とかいっぱいなんでしょうか?memo

おいしいお菓子ができたら、ぜひ、被災地のの子どもたちに送っていただけたら・・・と思います。weep

投稿: C.J.グレッグ | 2011/04/19 11:12

おじさんご無事で何よりでしたねhappy01
ツイッターでつぶやかれてた経緯が、この記事でよく分かりました。
電話がかかってきた時は、嬉しかったことだ察します。

あと、グレさんのお姉さんのたくましさ、物事に動じないすごさも今回の事でよーく分かりました。scissors
こば母級ですね

投稿: こば | 2011/04/19 19:13

train こばさんへ

おじさんは、生きている可能性が高いと思っていたので、あまりペラペラ・・・しゃべるのはどうかと思ってたので、断片的なつぶやきになってしまいスミマセンでした。confidentsweat02

グレ姉は、ウチの家族をが!っと集めても、もっとも頼りになる存在です。rock
ワタシや、姉の娘の姪っ子などは、その神々しさにひれ伏すしかありません。riceballdash

投稿: C.J.グレッグ | 2011/04/19 19:39

炎上は大変ですよ…。
(何度か掲示板が炎上したことはある鷹崎より)

投稿: 鷹崎 湊 | 2011/04/20 11:25

bottle 鷹崎 湊 氏へ

いいですねー。うらやましい。heart02
(炎上するほどの価値もない以下略)

投稿: C.J.グレッグ | 2011/04/20 19:59

今更だけどコメントしてみるwこば様のコメントにウケたということでもあるw
多分グレ姉ことミア母は、絶対にミア父の何十万倍も頼りになると思う。私は何かあるたびに母にしか連絡しない←
ミア母強し。母の日に何かしないといけないという焦燥感に毎年駆られるくらいすごい人だと思うwwwww

そして漁師さんが無事なようでなにより。。なんか未だに余震とか速報見てると、こっち(首都圏)が揺れないことに対して妙に罪悪感を覚えてしまう今日この頃。。
今回の地震でいろんなところの地盤のバランスが崩れてるらしく、他の地域でも注意するようにって何かで読んだよ。グレさんの住んでるところも要注意地域に載ってたよ!気をつけてね!!!

投稿: ミア | 2011/04/30 08:09

virgo ミアちゃまへ

「要注意」も要注意で、こっちに越してきてから「明日きてもおかしくない!」言われ続け・・・karaoke
その間に、阪神、新潟、として東北と・・・
そのたびにいつも「静岡になぜ来ない!?」という…罪悪感が!happy02sweat01

あと、補足だけど・・・
グレさんちって、「東海地震想定震度マップ」で、震度7なんだよねー。typhoon
家がつぶれないように祈ってくれ!!

で、ミア母さんは、あいかわらず頼りになりますねー。rock
実家とワタシを足しても、1番トップに君臨するでしょう?fuji
あ、箱根に行くんだってね?
うんと甘えて、楽しんできてね!wink
(こっちは仕事だーーー!!down

投稿: C.J.グレッグ | 2011/04/30 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/51416285

この記事へのトラックバック一覧です: 野田ブログ的:

« 提供はハウス食品 | トップページ | 見るにたえる唯一の角度 »