« キャベツ7割 | トップページ | 意外と初つつじ »

それ文鎮じゃないし

Img_2063最近、落ち着かないですねー。

3月中はバタバタしてたし、後半はアレだったし・・・。

ストレスが影響してか、体調は悪いし、気分は落ち着かないし、痩せないし、かわいくないし、字がうまく書けないし・・・。

で、「書でもやろうかな~・・・?」なんて、なんとなく思ったのです。

こうみえても、高校のとき「書道部」に在籍してました。

クラスの「副担任」が顧問だったこともあり、美術部がなかったし、茶道部は正座ができないし、しかしなんかやりたいしで・・・たぶん誘われたのでしょう?

書道部の先輩方はとてもおっとりしていて、居心地がよくて、部活は楽しみでした。

自分で紙をすいて、そこに「かな」をしたためたりして、わりと凝ったことしてたんですよ。

Img_2064書の魅力は、ズバリ!墨の匂いだと思うのです。

顧問が「よい墨は、よい香りがいたしますのですよ」といい・・・

文房具屋さんで、墨の匂いを嗅ぎまくって、買ってきたのを思い出します。

墨をすりながら「なにを書こうか?」と考えたり、ちょうどいいころあいにとけて、粘りがあると「自分ってサイコー!」などと自己満足できたり、書はいいものですよね。

その頃使ってた道具は、たぶんクローゼット(倉庫)の奥のどこかにあると思ったけど、発掘する気にはなれず。(どうせそんなの使いものにならんし?)

『たしか、父親にもらったものがあるはず?』と、リビングを探したところ・・・

Img_2067出てきました。父の「中国土産」です。

パッケージを開いたとき、初めて開けたときと同じ反応だったと思いましたね。

(血圧、心拍数、ココロの声など・・・)・・・

筆なんか、書いたら紙が毛だらけになるんじゃ??って感じ?

これは、父の「形見」として、ふたたび大切にとっておこうと思います。

いつかワタシの遺品を整理した人がいたら、同じように反応してくれたらいいよね?

てなわけで、ちゃんとした道具を買ってこよう~。

|

« キャベツ7割 | トップページ | 意外と初つつじ »

コメント

意外でしたね~。書道部というのは・・・
硯セットの写真を見た時、某殿の範疇かと思いました。
人の顔のしたのは、水入れではないですか?

投稿: こば | 2011/04/14 17:11

 こばさんへ

(なんで意外なんだ!?

この白+青のは、陶器に入った「朱肉」でしたよー。
だから、その下のは「文鎮」じゃなくて、「印」なはずなんです。

なんか、「篆刻」にハマった時期があったらしいです・・・。

投稿: C.J.グレッグ | 2011/04/14 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それ文鎮じゃないし:

« キャベツ7割 | トップページ | 意外と初つつじ »