« 茶カフェインでハイ | トップページ | 後継者求む! »

別世界で過ごして

昨日は「日本茶アドバイザー講座」の最終日・・・

朝一番に試験が終わって、残りの時間で行われたのは、「おいしいお茶を淹れるのは誰だ?勝ち抜き選手権!」というイベントでした。

資格取得には関係ないけど、これが、ひじょ~にオモシロくて楽しかったので、(試験の話はスル―して・・・)その様子をちょっと書きたいと思います。

(講座中は撮影禁止なので、写真がなくてごめんなさい・・・)

・・・受講生は全部で40人くらい・・・

1回戦は全員が一斉に「よーい・・・はじめ!」で、お茶(煎茶)を淹れます。

みんな同じ茶葉を使って、茶葉の量は好きなだけ使っていいけど、ただ、湯は急須に8分目入れることと、5分間で淹れるのがルールでした。

ここでのポイントは、5分間で、にいかに「湯ざまし」を行うか・・・

ポットのお湯は熱湯で、夏なので湯が冷めにくいうえに、5分間で抽出まで完了しなければいけないので、じっくり待つ・・・というわけにはいきません。

いわゆる「普通蒸し煎茶」は、茶葉の量と湯の量、湯の温度、抽出時間・・・これらの組み合わせがお茶の味を決めるので、どこに自分の出したい味をもってくるか?

できれば、甘みとうま味を引き出したいところだけど・・・難しい・・・

ワタシのお茶の好みは、「香り」「渋み」「甘み」「うま味」「苦味」・・・の順なので、これなら湯ざましはほどほどでイケるし、自分のいつも淹れてる「やりかた」で挑むことにしました。

・・・1回戦は、ワタシともうお一人の票が2対2になってしまい、講師の先生の「ワタシはグレさんの渋みのあるお茶が好みなんだけど、もうお一人のほうが、多くの方の好まれる味かと・・・」という理由で、ワタシが負けてしまいました。

しかし、その後「敗者復活戦」がおこなわれて、ワタシのお茶が5人の挑戦者のなかでひとりだけ満点の評価をいただいて、みごと2回戦に進めました。

(惜しくも敗れたみんなから「頑張ってね!」と言われて嬉しかった。

2回戦は、ワタシともう一人の勝ち抜いた人2人がお茶を淹れます。

審査員は、1回戦で敗れた3人と、講師の先生のあわせて4人です。

結果、・・・ワタシが負けたんだけど、先生方から「グレさんのお茶は香りがすごく良くて、香りをとるか、(もうお一人の方の)バランスの良さをとるかで、とても迷いました・・・」などの講評をいただいて、お仲間さんから「もう一杯飲ませて~」などと言われたり、自分の求めてた味で負けたので、ある意味満足でした。

その次は準々決勝だったけど、その手前で落ちたワタシが審査員になり、その他の受講生は「ギャラリー」だったので、「準々決勝の審査員だ」ってだけでも、ひじょうに名誉でした。

ワタシより上まで勝ち残った方々の淹れたお茶は、味のバランスがよかったり、雑味がなかったり、「何杯でも飲みたいと思える味だ!」などなど・・・感心させられることしきり・・・。

逆に、この真下までいけたのは、我ながらホントに奇跡だと思いました。

・・・他にももっと「決勝戦の意外な結末」など、オモシロいことがあったんだけど、そこまでなかなか書ききれません!

機会があれば、また、(テキトーな場所で)話すかもしれませんが。

201095講座が・・・終わってしまいました。

これで、いちおうワタシの「夏のチャレンジ」は終わり。

さかのぼれば、春のモヤモヤ気分はどこへやら・・・?

苦しいながらもとてもよい経験ができたし、自分の勇気ある決断をたたえ、そして周りのサポートに感謝です。

思いつきで始めて、ここまでやれたって・・・結果オーライなんだろうけど?

試験の結果は・・・3日後くらいの予定です。

「ド素人にしてはよくやれたなあ~・・・」と、今日になってやっと満足しています。

あとは、11月の「日本茶インストラクター」ですが、これも腕試しと思って、受けることにします。

もうちょっと挑戦したくなったので・・・。

みなさんの励ましと応援に感謝です。ありがとうございましたー!

|

« 茶カフェインでハイ | トップページ | 後継者求む! »

コメント

ひとまずお疲れ様でした~(*゚▽゚)ノ

すごくお茶を楽しめたようでヨカッタじゃないですか!

選手権のイベントもグレさん的に納得いったようで
なによりです。

投稿: トリガ | 2010/09/06 10:50

 トリガさんへ

ありがとうございますー。

はじめは「ぜったい優勝してやるー!」って思ってはじめたんだけど、「おいしい」っていうのは人それぞれの好みがあるので、大勢の中で優勝するのは難しいし、そのなかで一人でも支持してくれる人がいるってことは、それだけで嬉しいとわかりました。

ホントに日本茶って難しいです・・・。
なので、とうぶん飽きそうにない分野だとも思いました。

投稿: C.J.グレッグ | 2010/09/06 12:12

カレーライスのチェーン店を出すのは難しいとされています。
好きなカレーというのは個人個人様々でチェーン化で成功するにはその平均を作り誰にとってもBESTではないがBETTERくらいの美味しさのものでないと普及していかないそうです。

僕の大好きなカレーやさんは数件ありますが、どれも一店舗のみでチェーン化していません。 でも僕はその味が好きだしそれがとても気に入ってます。

グレさんのお茶も万人には受けなくて優勝できなかったけど
自分の好きなお茶の味を追求して、その味に同調してくれる数人の為に頑張って作ってください!

関係ないけど静岡ではいまお猿が暴れてるようですね?
グレさんも噛まれないように気をつけてね(^m^)

投稿: トリガ | 2010/09/06 14:20

何はともあれ・・・お疲れ様でした。

過程は色々大変だったでしょうけど、それが楽しみや満足感へ変わった時の嬉しさはなんとも言い難いでしょう・・。

これで、また一人日本茶好き人間が誕生した事を1茶商として凄く嬉しく思います。
今月にあります、静岡県での茶業青年団の審査技術競技大会に行く事がかないませんでしたが、(もし、行けたらお会いしたいと思ってました・・・)これからも日本茶の普及の為に啓蒙活動を頑張って頂きたいと思います・・・(^^)

次は、日本茶インストラクター・・目指して頑張って下さいね。

投稿: shige | 2010/09/06 14:46

 トリガさんへ

静岡って言ってもひろうございますので、暴れてるサルは、けっこう遠いです・・・
それでなくてもワタシは、サルを見るのも考えるのも嫌いなんで・・・

投稿: C.J.グレッグ | 2010/09/06 23:38

 shigeさんへ

ぜったい会いませんよ!!
shigeさんじゃなくても、誰にも会いません!!

ぢょぢは、なんとか見つけ出しますけど・・・。

投稿: C.J.グレッグ | 2010/09/06 23:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別世界で過ごして:

« 茶カフェインでハイ | トップページ | 後継者求む! »