« すでに赤字・・・ | トップページ | 虫になりそう! »

挑戦的贈答品

Img_0903 「○○さんが、キミに。だって!」と、いただきました。

○○さんとは、 のお仕事関係の方で・・・おじ様。

○○さんがお茶をくれるなんて、『こりゃ~、あちこちでしゃべってるなー・・・』って感じ?

とらぬ狸は、ワタシだけではなかったのか?

Img_0905

←おしゃれなパッケージ。

「こんなのがでてるのか~?」と、驚く。

(もっとアンテナを高くせねば・・・

左が「夏ブレンド」で、右が「冬ブレンド」ですって。

コンセプトもいいですね~?

日本茶にも使えそうなフレーズです。

Img_0908問題は、中身・・・

「中国茶じゃ~ん・・・ 」←中国茶苦手。

「勉強のためにがんばって飲むのだ!」

「頑張らなきゃ飲めないものなのか~?」

・・・がんばって飲んでみます・・・。(続く)

|

« すでに赤字・・・ | トップページ | 虫になりそう! »

コメント

おおっ・・・色んなお茶が飲めて、勉強も出来て・・・一挙両得ですね・・・(^_^)

でも、このフレーズは、使えそうです。
私も勉強させて頂きました・・・φ(..)メモメモメモ

投稿: shige | 2010/07/18 10:50

 shigeさんへ

そうなんです~、つねに「一石二鳥」が、ワタシのモットーで!

「夏茶」と「冬茶」なんて、いいと思いません?
あ・・・特許競争やばいかも?
お早めにどうぞ―!

投稿: C.J.グレッグ | 2010/07/18 12:12

中国茶は、スーと胃袋に入ってくれないような
クセがありますもんねえ。
初めて飲んだプリンス・オブ・ウエルズはたまらんかった。
でも、初めて飲んだウーロン茶から何年じゃろう?今じゃ全然平気平気ヽ(^o^)丿

投稿: にゃん太郎 | 2010/07/18 12:48

 にゃん太郎さんへ

おお!その表現いただき!!・・・( ..)φメモメモ・・・

ウーロン茶は、もう何十年も飲んでないです。
最近は、中国料理の店ではジャスミンティーが出てきて、それなどはまったく飲む気がしません。

やっぱり、発酵するならする(紅茶)、しないならしない(日本茶)・・・にして欲しいです。

投稿: C.J.グレッグ | 2010/07/18 13:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 挑戦的贈答品:

« すでに赤字・・・ | トップページ | 虫になりそう! »