« 仕事だからホラ | トップページ | 一方的な挑戦 »

海とネコとワタシ

Img_3930この間の日曜日は、海岸をブラブラしてました。shoe

ここで海の写真も初めてですが、ワタシは、もともとは完全な「海派」でした。wave

海のそばで育ったので、幼稚園の頃から歩いて海岸まで遊びに行ってたくらいで。wave

海は身近な遊び場だったんです。wave

今住んでいるところはニ階から海は見えるんですが、歩いていくことはできないし、しかもそこは「港」なので、海岸線はほとんど進入禁止なんですね~。coldsweats01

(入れたとしても、港は海岸とは違うし~、やっぱり浜辺でないとね?wink

Img_3926最近は、すっかり「山派」になってしまったので、海に行く機会もまったくなかったわけですが、この日は、ホームセンターに行く途中で、(浜辺のある)海に立ち寄ってみることにしました。rvcardash

最初の写真は、雁(かり)かなんかがV字になって飛んでいたところを撮りました。camera

もうちょっといいカタチだったんですが、「あ!」と思ったときには、どんどん遠くになってしまって、上手く撮れなかったです。coldsweats01

こちらは、テトラポットの上で寝ているネコです。catsleepy

この日はけっこう寒くて、海岸では冷たい風が吹いてました。

そんなところに10匹くらいのノラ猫がいて、陽だまりでゴロゴロしてるんです。

Img_3941どこで見かけても、ノラ猫たちには厳しさを感じるけど、ホントにウチのネコ達とは大違いですね。catface

年に1回の予防接種くらいで、ギャーギャー大騒ぎして・・・まったくゼイタクすぎだぜ・・・。bomb

(この日も猫エサ&猫砂の買出しだ。moneybag

海を見にきたのか、ネコを見にきたのかわからなくなりましたが・・・。coldsweats01

この後は、海岸の周辺にいる野鳥などを観察して、ブラブラ散歩して・・・(ウチの)ネコ並みにのん気な日曜日でした。clock

(帰ったらうちのネコを、ちょっと強めにマッサージしてあげよう・・・。catcatcat

|

« 仕事だからホラ | トップページ | 一方的な挑戦 »

コメント

グレッグさんが海派だったなんて、
ブログを読んでいる側からすると俄かに信じられません。
そうすると今はどちらも大好き!な感じなのですね。
私はアウトドアが大の苦手なので、
グレッグさんにガイドしてもらって好きになっていきたいなぁ。
自然を感じ、共に過ごすって素敵な事ですよね! shine

猫ちゃんかわいい〜。
ただでさえ寒いのに、
海風が吹くこんなところで眠っちゃうなんてすごいです。
猫はコタツでまるくなる・・・はどうなんでしょう?

投稿: りこ | 2009/04/01 15:29

clover りこさんへ

そうなんですよね~!
ワタシは逆に、自分が「山派」になったってことが信じれられないですよ~。happy02sweat01
ヒトって変わるもんですよ・・・ホント。

「海派」といっても、何かするわけでもなく、ただただ眺めてるのが好きってだけなんですよね~。
よく、真冬の海を眺めに、友だちと歩いていったりしました。
今でももうちょっと近くにあったら嬉しいな~って思います。wave

ワタシもアウトドアは苦手ですよ~。
寒いし暑いし、・・・トイレとかも不安だしね。coldsweats01

ネコのようにワイルドには、なかなかなれないもんです。catface

投稿: C.J.グレッグ | 2009/04/01 20:14

あれまあ、海の風景!

懐かしい人と出合ったような、でも声をかけたら
別人だったみたいな、海の写真です。

海って眺めてると、人間は海から生まれたんだなあと思うくらい、
波の音が、ざざざ、、、ってええですよねえ。

投稿: にゃん太郎 | 2009/04/03 09:32

camera にゃん太郎さんへ

写真は全部、望遠レンズで撮ったので、画面が粗いでしょう~?sweat01
鳥を撮ってたので、海のそばでレンズ交換もなんだな~・・・と思って。coldsweats01
もうちょっとクリアにしたかったですね。

しょせん、「カメラマン・にゃん」にはかないませんけども・・・。crying

波の音はかなりグッと来ますね。chair

投稿: C.J.グレッグ | 2009/04/03 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/44530770

この記事へのトラックバック一覧です: 海とネコとワタシ:

« 仕事だからホラ | トップページ | 一方的な挑戦 »