« My Girden | トップページ | 標高1800mからの生還! »

もっと先まで

休日は森に出かけてます。

森の中を歩いたり、小鳥を見たりしています。

去年、渓谷を歩く“トレッキング”の魅力を知りました。

これまでは体力が無くて、遠足も苦手で大変でしたが、家の近くを歩く“散歩”がだんだんと“遠歩き”になって、次第にハイキングになり→トレッキングになって行きました。

渓谷のごつごつした岩を歩くスリルは、子供の頃の“探検ごっこ”のようです。

Img_0009_2  先日は、標高1600mあたりまで歩きました。

 もちろん、標高1500mくらいからの出発ですけど。catface

 このときは、たっくさんの野鳥がいて、双眼鏡で観察したり、

 小鳥の声をボイスレコーダーに録音したりしていました。

少し進んでいくと『ごぼっごっぼごぼぼっごぼ・・・・・』という、奇妙な音が聞こえてきました。

Img_0007 道の脇に突然の湧き水です!

 ごつごつした岩の間から、雪解け水が噴き出していました。

 結構、大きな音を立てて、冷たい水が噴出しています。

Img_0008 こうした思いがけない出会いも、トレッキングの楽しみです。

 左の写真は、チョット怪獣っぽく撮れてます。smile

 この後は、この山の中間地点を目指して、急勾配を登っていきました。

1600mまで行きましたが、コレより先になると少々本格的な山登りになってしまうので、

それ以上は断念しました。

トレッキングやハイキングは、軽装で気軽にできるのがいいところです。

いつもは、双眼鏡とデジカメの他には、ペットボトルのお水しか持っていません。

服装もほとんど普段着です。

本格的にもうチョット先まで行くには、装備を整えなければいけません。

今のところ、“気軽な山歩き”をしています。

Img_0021_2  この日の帰りにアウトドア用品の店で山歩き用の“つえ”を

 買いました。

 やっぱり、杖があると歩きやすいです。

 特に傾斜のある階段などは。

この杖を使って、早く山歩きをしたいです。

次の週末が楽しみです!happy01

|

« My Girden | トップページ | 標高1800mからの生還! »

コメント

トレッキングは好きですよ(^^)v
去年は会社の人と薬師岳手前までに付き合わされて
大変な思いをしました。今はどちらかというと、写真撮りに行った方が好きかなぁ。

投稿: 翼猫 | 2008/04/10 19:45

トレッキングではひどい目に会うこと多いですね~!

ある自然公園で森の中を歩いていたら、目の前に急な丸太の階段が出てきたんです。登っても登っても階段が終わらなくて「ひ~ひ~・・・」言ってのぼり続けたんですけど、やっと元の案内板にたどり着いたら、足元に封筒くらいの小さな板があって・・・
『この階段は680段あります』・・・って。shock
コレ先に見てたらゼッタイ行かなかった~~~!って叫んだでス。
いつか、思いがけず遭難するんじゃ~ないかって不安~typhoon

投稿: C.J.グレッグ | 2008/04/11 13:42

こんにちは、アバウトミーでコメントいただいたぎっくり腰のみちくさです。coldsweats01
トレッキングでのお写真、ステキですねぇ・・。
子どもの頃、山が好きな父とひたすら歩いた事思い出しました。
子供達が大きくなり、ドライブに行く事もなくなって、最近こんな自然の景色を見ていないなぁ~って思いました。
なんかとっても懐かしい気持ちです。

投稿: みちくさ | 2008/04/12 20:40

みちくささん、お越しいただきありがとうございます!
ワタシの父も山登りが好きでしたが、子供の頃のワタシは虚弱体質で遠足もままならず、山なんて考えたことも無かったです。
ワタシがこんなことに目覚めたのはつい最近で、「今なら小さい山なら一緒に登れるな・・・」なんて思い始めた頃、今年の2月に父が亡くなりまして、結局、実現しませんでした。
まあ、父は山男だったので、一緒に登るのはチョット無理だったでしょうけど、散歩ぐらいはしたかったですね~。
ちょっと前までは、父親と同じ趣味を持つとは想像もしなかったですけど、今では父と同じに、山に登って、写真を撮ってます。
親子って不思議なもんだな~と、つくづく感じてます。

投稿: C.J.グレッグ | 2008/04/14 12:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510993/40824796

この記事へのトラックバック一覧です: もっと先まで:

« My Girden | トップページ | 標高1800mからの生還! »